徒然ぶろぐ - Peaceful Wind

アクセスカウンタ

zoom RSS perl on eclipse 2

<<   作成日時 : 2005/07/28 08:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

perl on eclipseの続きです。

epicプラグインの使い方がようやくわかってきました。

EclipseWikiを参考に、

メニューの「実行」->「外部ツール」->「外部ツール」を選択し、
左のツリーから"プログラム"を選択して、「新規」。
新しく作られた"新規構成"で
名前 : 適当につける
ロケーション :  perl.exeのパス。(注1)
作業ディレクトリ : ${project_loc}
引数 : ${resource_loc}
に設定して「適用」して「閉じる」

メニューの「ウィンドウ」->「ビューの表示」->「その他」を選択し、
ツリーの"基本"->"コンソール"を選んで「OK」。

メニューの「実行」->「外部ツール」に新しく作った外部ツールの名前が表示されているので実行すると、コンソールウィンドウに実行結果が表示される。

「ウィンドウ」->「ビューの表示」->「その他」で表示されるツリーには
"EPIC"という項目があり、CGIをローカルで走らせる場合には"EPIC WebBrowser"を表示させると、これは(IEコンポーネントの)ブラウザなので、あらかじめApacheAn Httpd等をインストールしてあれば、そこから実行できる。

デバッガの使い方がいまいちわからないのですが、
ま、今のところ必要としていないので後回し〜。

補足。
日本語の表示に関しては、入れた日本語化パックによって違うかもしれません。




注1
wperl.exeでも可。
perl.exe と wperl.exeの違いは、実行時にコンソールウィンドウが出るか、出ないか、らしい。
確かに、eclipse外で実行した場合、perlではウィンドウが出るが、wperlでは出ない。
しかし、eclipse上で行った場合、どちらもコンソールウィンドウは現れなかった。
私だけなのでしょうか……?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
perl on eclipse 2 徒然ぶろぐ - Peaceful Wind/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる